用語集

用語集

登録主義とは、一般的には、実際に商標を使用していなくとも一定の要件さえ満たせば商標登録を受けうる法制をいう。

 

使用主義とは、実際に商標を使用していなければ商標登録を受けられない法制をいう。

 

先願主義とは、同一類似の商品等について使用する同一類似の商標について、2以上の商標登録出願が競合した場合に、最先の出願人にのみ商標登録を認める主義をいう。

 

商標とは、文字、図形等の標章であって、業として商品を生産等又は役務を提供等する者がその商品又は役務について使用するものをいう(2条1項各号)。

 

立体商標とは、立体的形状又は立体的形状と平面標章との結合により構成される商標をいう(2条1項)。

 

団体商標とは、事業者を構成員に有する団体が、当該構成員に使用させる商標であって、商品または役務の出所が当該団体の構成員であることを明らかにするものをいう。

 

商品とは、商取引の目的たり得べき物、特に、動産をいう。

 

役務とは、他人のために行う労務又は便益であって、独立して商取引の目的たり得べきものをいう。

 

使用とは、商標を商品又は役務との関係でその機能を発揮させる状態におくことをいい、形式的には法2条3項各号に掲げられた行為をいう。

 

普通名称とは、取引界においてその商品等の一般的名称と認識されるに至っているものをいう。

 

慣用商標とは、同種類の商品等について同業者間において普通に使用されるに至った結果、識別力を失った商標をいう。

 

未登録周知商標とは、何人かの業務に係る商品又は役務を表示するものとして需要者の間に広く認識されている未登録の商標をいう。

 

周知商標とは、何人かの業務に係る商品又は役務を表示するものとして需要者の間に広く認識されている商標をいう。

 

著名商標とは、自己の商品や役務についての本来の取引者・需要者や営業地域の枠を超えて、全国的に知られ、高い名声、信用及び評価を獲得した商標をいう。

 

商標の同一とは、物理的に同一及び相似形のものをいう。

 

商標の類似とは、比較する商標の有する外観、称呼又は観念のいずれかにおいて相紛らわしく、それぞれを同一又は類似の商品又は役務に使用した場合に出所の混同を生ずるおそれのあることをいう。

 

外観類似とは、対比される商標の外形が相紛らわしいことをいい、「ライオン」と「テイオン」等が該当する。

 

称呼類似とは、対比される商標の呼び名が相紛らわしいことをいい、「NHK」と「M H K」等が該当する。

 

観念類似とは、対比される商標の意味内容が相紛らわしいことをいい、「王」と「KING」等が該当する。

 

商品又は役務の類似とは、対比される商品又は役務が、同一又は類似の商標を使用されると出所の混同が生ずるほど近似していることをいう。

 

他人の業務に係る商品若しくは役務との混同とは、商品又は役務の取引者や需要者に、商品の生産者等又は役務の提供者等を誤って認識させることのほか、当該他人と経済的又は組織的に何らかの関係がある者の業務に係る商品又は役務であると誤認して需要者が商品又は役務の出所について混同する場合も含まれる。

 

商品の品質若しくは役務の質の誤認とは、一般には、商標の構成等からしてその商標が、その商標の使用されている商品等と別個の商品等を示すものであるかのように一般需要者が誤認することのほか、特定の営業者の商品の品質等と誤認する場合も含まれる。

 

商標登録出願とは、国家に対し商標権の付与を求める意思表示をいう。

 

政令で定める商品及び役務の区分とは、政令別表(施行令1条別表)に掲げられた区分をいう。

 

出願の分割とは、二以上の商品等を指定商品等とする商標登録出願の一部を一又は二以上の新たな出願とすることをいう。

 

商標登録出願の補正とは、商標登録出願に係る願書または商標登録を受けようとする商標を表示した書面の記載内容を補充、訂正することをいう。

 

出願の要旨とは、商標登録出願の願書に記載した指定商品若しくは指定役務又は商標登録を受けようとする商標の内容をいう。

 

出願の要旨の変更とは、補正により商標登録を受けようとする指定商品若しくは指定役務又は商標の内容を実質的に拡張又は変更することをいう。

 

金銭的請求権とは、商標権者が、商標権の設定登録前の第三者の使用により、自己に生じた業務上の損失に相当する額の金銭の支払いを請求できる権利をいう。

 

商標権の存続期間とは、商標権が商標法上有効に存続しうる期間をいい、具体的には、設定の登録の日から10年と定められている。

 

商標権の存続期間の更新登録制度とは、商標権の実体の同一性を保持しつつ、さらに、10年間存続期間の更新を認める制度をいう。

 

商標権の移転とは、商標権の客体の同一性を保持しつつ、その権利主体を変更することをいう。

 

登録商標とは、商標登録を受けている商標をいい、その範囲は願書に記載した商標に基づいて定められる。

 

登録商標に類似する商標とは、指定商品又は指定役務と同一・類似の商品又は役務を使用すると、需要者をして出所の混同を生ずる程登録商標に近似している商標をいい、外観、称呼、観念を判断要素として、需要者層等の取引実情を考慮し、需要者の通常の注意力を基準に総合的に判断する。

 

専用権とは、指定商品又は指定役務について登録商標の使用をする権利を専有できる効力をいう。

 

禁止権とは、登録商標のいわゆる類似範囲内における権原なき第三者の使用を排除することを内容とする商標権の効力をいう。

 

抵触とは、一方の権利内容を実施又は使用すれば、相互に他方の権利内容を実施又は使用する関係にあることをいう。

 

使用許諾とは、商標権者等が、他人に対し指定商品等について登録商標を使用する権利を認めることをいう。

 

通常使用権とは、商標権者との契約により設定行為で定められた範囲内において、指定商品又は指定役務について登録商標の使用が認められる債権的な権利である。

 

専用使用権とは、設定行為で定めた範囲内で指定商品又は指定役務について登録商標を独占排他的に使用し得る権利をいう

 

商標権の移転とは、商標権の主体を変更することをいう。

 

社会通念上同一の範囲での使用とは、具体的には、書体のみの変更や平仮名、片仮名、ローマ字相互の変更で称呼、観念を違えないもの、外観において同視しうる変更等による使用をいう。

 

類似範囲での使用とは、例えば、漢字で表されたものをローマ字とし、その他時代の好みに応じた文字・図形を配する等によりその態様を変えなければ取引の実情に沿わなくなるおそれがあるような場合に、その要部を変更することなく、その体裁を変化させて使用することをいう。

 

先使用による商標の使用をする権利とは、他人の商標登録出願前から使用していた結果、いわゆる周知となった商標について、当該商標権に対抗してその継続使用を保障する権利をいう。

 

商標権の侵害とは、正当な権原のない第三者が、指定商品もしくは指定役務またはこれに類似する商品もしくは役務に登録商標またはこれに類似する商標を使用すること、指定商品等に登録防護標章を使用すること、または一定の予備的行為をすることをいう。

 

除斥期間とは、一般に存続期間を意味するが、商標登録の無効の審判における除斥期間とは、商標登録の無効の審判を請求することができる期間をいう。

 

不使用取消審判とは、一定期間の登録商標の不使用を理由として、その商標登録を取り消すことについて請求し得る審判をいう。

 

不正使用取消審判とは、商標権者又は使用権者の不正使用を理由として、当該商標登録を取り消すことについて請求し得る審判をいう。

 

不正の目的とは、不正の利益を得る目的、他人に損害を加える目的、その他不正の目的をいう。

 

不正競争の目的とは、他人の信用を利用して不当な利益を得る目的をいい、その有無は使用の動機、使用目的、使用の実態、周知の程度、混同の有無等の要因を総合勘案して個々具体的に判断される。

 

防護標章制度とは、著名登録商標の非類似商品等にまで商標権の禁止権の範囲を拡大して出所の混同を防止し商標権者の保護を図る制度をいう。

 

国際登録出願とは、わが国の国民等がわが国にした商標登録出願等を基礎として国際登録を受けようとする場合に本国官庁であるわが国の特許庁長官に対して行うその意思表示たる手続をいう。

 

国際商標登録出願とは、マドリッド協定議定書3条(4)に規定する国際登録の日又は事後指定の日にされた商標登録出願とみなされた日本国を指定する領域指定をいう。


 
資料請求・お問い合わせ

小笠原国際特許事務所 ☎0896-72-6100 

〒799-0403愛媛県四国中央市三島朝日3-1-48
Copyright Ogasawara international patent office All Rights Reserved.

 
© 商標登録のあれこれ教えます!